ライブラリ

入会案内

余暇ツーリズム学会誌 第3号 2016年3月発行

余暇ツーリズム学会誌 第3号

巻頭言…………………………………………………………余暇ツーリズム学会会長 飯嶋好彦

[論 文]

観光映像教育に関する一考察………………………………………………………………宮本博文

グリーン・ツーリズムによる阿蘇の地域活性化における
ASO田園空間博物館の役割について………………………………………………………八尋春海

外食環境の社会的変化要因とフード・ツーリズムの流行
―食生活の変貌と東京都におけるグルメイベントの開催状況から―…………………山中雅大

マネジメントコントロールシステムとしてのマザーリングマネジメント………………吉岡勉

[研究ノート]

自由時間研究における余暇善用の視角と課題……………………………………………青野 桃子

ランニングの参加、継続意識に関する考察
―スポーツツーリズムの観点から―………………………………………………………海老塚修

視覚障がい者のためのゲームセンターのバリアフリーデザイン…………小林剛士、山口 有次

[報告]

オリンピック・レガシー
―余暇ツーリズムの観点から、東京オリンピック・パラリンピック2020を活用して
 次世代に残すべき無形遺産を探る―…………………………薗田碩哉、辰巳厚子、宮田安彦

[書評、書籍紹介]

渡辺潤編『レジャー・スタディーズ』世界思想社, 2015年……………………………宮田安彦

杉山茂ほか編『オリンピックは社会に何を遺せるのか』創文企画, 2016年…………薗田碩哉

余暇ツーリズム学会会則、余暇ツーリズム学会誌投稿規定および執筆要項

余暇ツーリズム学会誌 第2号 2015年3月発行

余暇ツーリズム学会誌 第2号

巻頭言…………………………………………………………余暇ツーリズム学会会長 飯嶋好彦

[論 文]

わが国の宿泊業における部門別管理会計情報利用の状況
―質問票調査による実態調査―…………………………………………………………長谷川惠一

ホテルインターンシップ生の性格と勤務成績……………………………………………飯嶋好彦

戦災と自然災害からの復興と都市観光再生についての歴史的考察
―観光高松大博覧会および福井復興博覧会を事例として―……………………………桑田政美

大学生のホテル企業におけるインターンシップの評価に関する研究
―インターンシップ前後の職業レディネスと自己効力感の比較―……………………中山千尋

観光地を対象とした顧客満足モデルの提言……………………………………………才原清一郎

IRにおける非カジノ部門の重要性
―飲食業教育を中心として― ……………………………………………………………佐々木一彰

旅館の変遷とマーケティングに関する一考察
―ホテルの事例との対比から―…………………………………………………………徳江順一郎

[研究ノート]

スポーツと環境保全
―スポーツ実施における環境要因の視点から―…………………………………………海老塚修

視覚障がい者のための観光施設のバリアフリーデザイン………………………………小林剛士

―関東地域の観光施設のバリアフリー対応に関する一考察―…………………………山口有次

テーマパークの巨人“東京ディズニーリゾート”と
教育型エンターテインメント施設“キッザニア”の比較検証………………関口陽介、河田浩昭

余暇とツーリズムの起源についての一考察………………………………………………薗田碩哉

ライブ会場内の関係性から考察するアイドルマーケティングについて…………………田上衛

ホスピタリティ産業における職場要因を通じた戦略的人材育成…………………テイラー雅子

行政とブライダル業界による観光資源活用に関する考察………………………………遠山詳子

[統一論題報告]

温泉から見た癒しと活力―別府の多様な温泉の優位性―………………………………斉藤雅樹

余暇ツーリズム学会会則、余暇ツーリズム学会誌投稿規定および執筆要項

余暇ツーリズム学会誌 第1号 2014年3月発行

余暇ツーリズム学会誌 第1号

巻頭言…………………………………………………………余暇ツーリズム学会会長 飯嶋好彦

追悼文 一今防人君を悼む一 ……………………………………………………………薗田碩哉

[論 文]

ホスピタリテイ産業の従業員の組織社会化を阻むリアリテイ・シヨツク
一既存研究のレビューと今後の研究課題一………………………………………………飯嶋好彦

ホスピタリテイ産業における従業員の職業意識に関する考察
―従業員に対するワークシヨツプの結果から―……………………………川澄厚志、飯嶋好彦

レジャーとしてのポピユラー音楽…………………………………………………………宮入恭平

ホテル企業におけるインターンシップの効果に関する研究
―自己効力感および職業レディネスに基づく効の評価―………………………………中山千尋

日本における観光資源としてのカジノの可能性
―地方型カジノを中心として一…………………………………………………………佐々木一彰

『癒し』を軸とした宿泊産業論に向けた試論的考察
―宿泊、料飲、宴会に続くもう一つの部門―…………………………………………徳江順一郎

料飲産業のレベニユー・マネジメントに関する考察..
―宿泊産業におけるレベニュー・マネジメントとの比較に焦点をあてて一……………吉岡勉

地域の観光振興に向けた外部人材の活用策とその知識・技能の
伝承と普及に関する研究の必要性について…………………………………………………全相鎮

[研究ノート]

大学生の留学に関する意識調査
―N大学文理学部を事例として一……………………加藤秀治、北澤太野、城間修平、澤村博

視覚障がい者のための海水浴場のバリアフリーデザイン…………………小林剛士、山口有次

観光客を対象にした農村観光の評価分析
―遼寧省大連近郊農村の観光地域を事例として一…………………………………………劉蘭芳

渡良瀬遊水地のラムサール条約湿地登録による観光地化の可能性
一求められる条件は何か―……………………………………………………………………長濱元

[報告]

〈余暇〉から〈レジャー〉へ
―余暇研究のパラダイムシフト―……………………………レジャー・スタディーズ研究部会

トップに戻る